MENU

ジャイアントパンダ「シャンシャン」近況[34]511日齢に52回目の身体検査

【2018/11/6】

 2017年6月12日に生まれたジャイアントパンダ「シャンシャン」の身体検査を、511日齢にあたる2018年11月5日9時10分ごろおこないました。体重は10月25日の36.4キロから0.7キロ増えて37.1キロでした。体長は測定していませんん。

 

 母子(シンシンとシャンシャン)は、日中は屋外放飼場で、夜間は室内2・3号室で過ごしています。

 

 シャンシャンは周囲にあるさまざまなものに興味をもち、元気に遊びまわり、母親のシンシンにじゃれつくようすもよく見られます。室内2号室のハンモックもよく使って、遊んだり、休憩したりしています。

 

 シャンシャンは一日のうち13時間から15時間ほど休息し、残りの時間は活動したり、お乳を飲んだりしていますが、そのリズムは一定していません。

 

 これまで、母親の食べているタケ・ササをかむようすがしばしば見られ、切り分けたリンゴをほぼ毎日食べています。また、7月14日ごろからタケの葉を食べ始め、最近はタケの桿(「かん」、木の幹のような部分)を食べているようすもよく見られるようになりました。

 

 屋外放飼場に設置した新しいやぐら(9月29日から使用開始)が気に入ったようで、台上で休んだりタケを食べたりするようすがよく見られます。

 

 11月1日発表のとおり、13日から母親の「シンシン」から離れ単独でくらす準備を始めます。

 

 そのため、人工乳に慣れさせる訓練を10月9日から先行して開始しました。開始当初は人工乳を口にしなかったため、すりおろしたリンゴを混ぜるなどの工夫を重ねたところ、好んで飲むようになりました。現在は、リンゴが入っていない人工乳でも、与えた量をすべて飲み干しています。

 

 シンシンは引き続き1日あたり4〜5回程度の授乳をするなどの世話をおこなっています。シンシンはタケ、ササ、リンゴ、ニンジン、パンダ団子、ペレットをよく食べています。

 

※シャンシャンの身体検査は原則「5」のつく日に実施しています。

※ホームページでの発表は毎月2回、休園日の翌日におこないます。

 2018年10月は10日(水)、23日(火)、11月は6日(火)、20日(水)の予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

【2018年11月12日追加:動画2点)】

 

 

(2018年11月06日)

(2018年11月12日:動画2点追加)

pagetop